Goziokiとブリーズがヤンゴン外国語大学に於ける就労支援プロジェクトを開始

2019年9月6日

ウィザスグループ(44年に亘り日本全国で教育事業を展開、JASDAQ上場)傘下の株式会社ブリーズ(本社:大阪市、代表取締役社長:堀川一晃、有料職業紹介許可番号:27-ユ-302505、以下ブリーズ)は、ミャンマーのヤンゴン外国語大学(Yangon University of Foreign Languages、以下YUFL)日本語学部の学生に対する就労支援プロジェクトを開始しました(以下、本プロジェクト)。本プロジェクトでは、学生たちの希望やスキルを踏まえ、日本企業との最適マッチングを実現していきます。

またGozioki株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:吉田健太朗、以下Gozioki)は、「日本文化教育」のアドバイザリーで本プロジェクトに参加することになりました。

本プロジェクトを通じては、Goziokiが目指す東南アジア地域に於ける教育水準の向上、ブリーズが目指すグローバルでの就労支援、この両方を実現し、「日本に渡って仕事をする」という希望を持つ学生たちの夢を叶えるべく貢献します。

Goziokiは2018年、『〜世界とGET INVOLVED〜』をテーマに掲げ、「グローバル×教育」領域での事業展開を目指し設立されました。今後もミャンマー国内で教育機関との提携を強化するとともに、東南アジアの他の地域に於いても同様の取り組みを拡げてまいります。

YUFL概要
[大学名] Yangon University of Foreign Languages
[開校年] 1964年
[所在地] ミャンマー/ヤンゴン市
[学 長] Dr. Kyi Shwin
[学部数] 15学部(内、外国語学部は日本語含め10学部)
[国内大学ランキング] 8位(2019年9月現在)
※大学ランキングはuniRankを参照しています。


(2019年9月3日、YUFLにてGoziokiとブリーズで共同開催された説明会の模様)

お問い合わせ先
Gozioki株式会社
info@gozioki.com

お問い合わせ